EM活用事例

エビのホワイトスポット病を抑制

エクアドル
国名:
エクアドル
カテゴリー:
水産
タグ:
低コスト, ボカシ
エビのホワイトスポット病を抑制
エクアドルは赤道上に位置し、ユニークな生態系を保持するガラパゴス諸島があることで有名です。ラテンアメリカにおけるエビ養殖でのEM活用は、コロンビアとエクアドルにて始まりました。1997年、エクアドルでEMを広めるために、コスタリカのアース大学の卒業生が「AGEARTH Ecuador」という会社を設立しました。 彼らは毎月約5,000LのEM-1を生産しています。
エクアドルのエビ
養殖は、デルタ地域の豊かな森とマングローブの豊富な森林に囲まれ、ビジネスの拠点として発展した沿岸地域であるグアヤキル市を中心として行われています。
エクアドルは、世界で6番目、中南米で最大のエビ生産地です。

 

EMを活用した病気対策

1999年にホワイトスポット病(白斑病/WSD)と呼ばれる重大な病気の蔓延を防止するための措置としてEMは導入されました。その病気は全国生産の50%を壊滅させました。以来、抗生物質を適用するための国際的な規制が多数制定され、エビ市場の未来は絶望的でした。この問題を解決するため、EM活性液(AEM)が試験的に導入され、病気を克服することができました。

通常、稚エビは酸素を供給する通気装置のない池の中で嫌気的条件で養殖されます。したがって、水処理は非常に重要です。また、幼生や稚エビの健康管理も非常に重要です。

最近、すべての国に影響を与えるビブリオ菌であるEMS(早期死亡率症候群)と呼ばれる白斑の他に、他の種類の病気があります。
ビブリオ菌を排除する化学薬品が使用されていますが、EMSに対して有効な結果はありません。

エビがEMSに感染すると、数日しか生き残ることができず、通常、EMS対策の遅れは、池中のエビの全滅を招きます。そのため、EMSを予防すべく、EMを用いてエビの健康状態や免疫を改善するため、多くの実験を行っています。

EMでアンモニアを抑制

Texcumarは、稚エビの生産会社で、約1億匹生産しています。
成エビから卵を採取し、20-25日程度かけて稚エビを育成したのち、エビ農家へ出荷します。成長段階で、エビは植物性プランクトン、動物性プランクトン、及び配合飼料を食べます。

限られたスペースで大量の稚エビを育てるため、餌の残渣や脱皮した時の殻、糞尿などの有機物がどんどんと堆積します。その結果発生したアンモニア濃度を下げるためEM活性液を毎日投入し水の品質を保っています。
 

限られたスペースで大量の稚エビを育てるため、餌の残渣や脱皮した時の殻、糞尿などの有機物が段々と堆積してきます。その結果発生したアンモニア濃度を下げるため
EM活性液を毎日投入し水の品質を保っています。
 

EM担当者は「EMを使わないでこのアンモニア臭を下げることは無理だ。」と断言しています。 EMを定期投入し始めてから水の品質は安定し、エビも健康な状態を維持しています。

 

Texcumar shrimp grower社
Texcumar shrimp grower社
Texcumar社のマネージャー
Texcumar社のマネージャー
稚エビ養殖池
稚エビ養殖池

EM技術で水の品質向上

エクアドルの水産養殖場ではマングローブと自然地形を活かした生産体系をとっています。 それゆえに東南アジアの養殖場に比べて稚エビの発生密度は低くなります。 
 
各養殖池はかなり大きく、エビは自然に近い環境で育つことができます。

水の処理方法は以下の通りです。
1、マングローブから水を引き、ため池に貯水。
2、高低差をつけることによって養殖池へ水を引き入れる。
3、水を排水している間にエビの収穫をし、養殖に使っていた水はマングローブへ返す。

グアヤス県のエビ養殖業者は17箇所もの養殖池を所有し、各池は7~10haほどあります。稚エビを放流する前に鶏糞や有機物をEM活性液で2日間発酵させ、それを養殖池に入れてプランクトンを繁殖させます。通常では有機物をEMボカシで発酵させたものを投入するので、このやり方はこの養殖場独自の方法と言えます。

生産者はを使うことで水の品質や養殖池のプランクトンの多様性を向上させ、結果として健康なエビ作りに繋がると信じ、日々励んでいます。

 

マングローブからの水
マングローブからの水
エビの状態をチェック
エビの状態をチェック
鶏糞とEM活性液を混ぜる作業
鶏糞とEM活性液を混ぜる作業