EM活用事例

魚が戻ってきた川

サパト川, ブラジル
国名:
ブラジル
カテゴリー:
水処理, 社会貢献
タグ:
国家プロジェクト, 大規模, EM団子
魚が戻ってきた川
サパト川は、ブラジル サルヴァトール市のメトロポリタン地区を流れており、水源のアバエテ湖、河口のフアネス川はともに環境保護区内にあります。

長さ5km、平均川幅 10m、平均水深 0.9m、水量 約36,000㎥のサパト川塩水(塩分 0.5%~30%)が流れる区域と淡水(塩分 0.5%以下)区域があります。

市政府や地元州の衛生サービス会社、AMBIEM(ブラジルのEM製造販売パートナー)などが共同プロジェクトを立ち上げ、サパト川は12か月のあいだEMを用いて浄化されました。

プロジェクトが開始されたのは2018年8月1日。川の三地点から水のサンプルを採取しました。毎月、川の水のサンプルを採り、分析を行いました。水中の大腸菌数、理化学検査、BOD5*1、リン、アンモニア、DO*2などの数値を測定しました。

*1汚染を評価するための最も一般的な水質指標
*2溶存酸素。水中に溶解している酸素。水中のDOが欠乏すると、魚類等水中生物は窒息死する。
サンプル採取点
サンプル採取点
8つの場所からEM活性液が投入されました。
・Rua Santo Antônio de Ipitanga
・Av. Amarilio Thiago dos Santos
・Rua Elsa Paranhos
・Rua José Ribeiro da Silva
・Rua Praia de Copacabana
・Praia de Itapoan
・AV. Praia de Itamaraca
・Rua Praia de Tambaú


こちらから、EMによって変化する川の様子をご覧ください

 

EM活性液を投入するスタッフ
EM活性液を投入するスタッフ
公共サービス局(Secretaria de Serviço Público, SESP)が生えすぎた水草を除去する業務を担当しました。

また、EM活性液だけでなく、EM団子も3,000個投入されました。EM団子の作成には、地元の学校が協力しました。2018年9月12日と10月11日、the Vilas do Atlântico Ecological公園にて、EM団子づくりイベントが開催され、参加者たちはEM団子の作り方講座も受講しました。
EM団子を作る学生たち
EM団子を作る学生たち
講座の参加者
講座の参加者

結果

プロジェクト開始時、サンプル1(緑)の水質が一番よく、サンプル2(赤)が最も汚染されていました。サンプル3(水色)は河口付近の水。

 

水質分析の結果
水質分析の結果
プロジェクト期間中、川で魚がみとめられた
プロジェクト期間中、川で魚がみとめられた
魚は環境の変化に敏感で、汚染された水には住むことができません。水質を測る上で、魚の生息は大変重要な指標の一つです。 EM開始から5か月目で小魚が認められるようになり、毎月増えていきました。水質が改善されていることがよくわかります。
(左)EM使用前
(右)EM使用開始から21日後
(左)EM使用前
(右)EM使用開始から21日後

 

こちらから動画も見られます。
水が透き通り、底が見える
水が透き通り、底が見える
報告書の原文はこちらから(ポルトガル語)



詳細につきましては、ブラジルのパートナーへお問い合わせください

Ambiem Ltda.
Alameda das Acacias Q F3 Cond. Jardim do Atlantico - Miragem Lauro de Freitas -BA CEP 42.709-900 Brasil
Tel: +55 (71) 3289-3471
Tel: +55 (71) 99969-9757
E-mail: ambiem@em-la.com
Web: http://em-la.com/





 

関連事例