EM活用事例

EMコスタリカコーヒー

サンタルシア, コスタリカ
国名:
コスタリカ
カテゴリー:
農業
タグ:
認証有機, 循環性, 堆肥
EMコスタリカコーヒー

・ビジネス概要

サンタルシア オーガニック農園は、コスタリカの首都サンホセから北東に20km離れた場所にあります。
コーヒーが栽培されているのは高地にある西の盆地で、その豊かな自然に囲まれ栽培されることで、より香り高いコーヒー豆が育ちます。
ここで作られたコーヒーは、Alliance for Coffee of Excellence(優良コーヒー同盟)が開催するカップ・オブ・エクセレンス(その年に収穫されたコーヒーの中から最高品質のものに与えられる名誉ある称号)に、毎年選ばれており、また、USDAや有機JASの認証を受けています。

-農園概要-
規模 :100ha
所在地:Llano Bonito de Naranjo
高度 :1700-1800m
製造数:300袋/年

・EMの活用

この地域の気温は一年中暖かく穏やかであるため、コーヒーの実が完熟するまで、樹上に長く留めておく事が出来ます。
農園では、コーヒーの葉、果実、茎などの残渣をEMで発酵させて堆肥を作り、有機肥料として土に戻しています。
またEMを灌漑(※農作物の生育に必要な水を、水路を引くなどして供給し、耕作地をうるおすこと)および葉面散布にも使用し、害虫などの虫から植物を守っています。
 

・結果

EMを使用することにより
-農園では循環型農業を実現することが出来ました。
-灌漑および葉面散布に使用し、害虫などの虫から植物を守ることが出来ました。
-コーヒー豆の糖度と香りを高めることが出来ました。
完熟したコーヒーの実
完熟したコーヒーの実
自然乾燥しているコーヒー豆
自然乾燥しているコーヒー豆
農園オーナーのMr. Ricardo Perez Barrantes
農園オーナーのMr. Ricardo Perez Barrantes
(この記事は2018年5月の情報に基づくものです)