ホーム > Q&A > No.51  EMXセラミックスは、800度から1000度の高温で焼成されていると聞きましたが、EMは微生物なので死なないのですか?

Q&A

No.51  EMXセラミックスは、800度から1000度の高温で焼成されていると聞きましたが、EMは微生物なので死なないのですか?

EMXセラミックスは、800度から1000度の高温で焼成されていると聞きましたが、EMは微生物なので死なないのですか?

 EMやEM・Xを材料に混入させ、800℃以上で焼成したセラミックスから、EMにも含まれる光合成細菌が蘇生することが研究から明らかになっております。セラミックス中の微生物の状態やそのメカニズムについては、現在、研究中です。
 EM セラミックスパウダーは、EMボカシの代用または補助資材としてとして生ゴミ処理にも利用されており、乳酸菌や酵母が出現して生ゴミがよく発酵します。また、農業においてもEMと有機物にあわせてEMセラミックスパウダーを併用することにより、EMの効果がより強化・安定している現場の報告を多数受けております。
このように、EMセラミックスには、EMセラミックスから蘇生する有用菌、あるいは環境中にいる有用菌の活動を促し、EMの定着を促進することにより、土壌微生物相や水質改善など多様な効果が期待できます。

Q&A

  • EM研究機構からの重要なお知らせ
  • ウェルネスセンター&ホテル事業
  • お問い合わせ窓口
  • 文字を大きくするには?

この頁のトップへ