ホーム > Q&A > No.38  米のとぎ汁EM発酵液は、河川などに投入すると流入負荷になりませんか?

Q&A

No.38  米のとぎ汁EM発酵液は、河川などに投入すると流入負荷になりませんか?

米のとぎ汁EM発酵液は、河川などに投入すると流入負荷になりませんか?

 豊富な栄養分を含む米のとぎ汁自体は、そのまま流せば、有機物を分解する微生物の浄化能力が低下するため、汚染源となります。
 しかし、EMを米のとぎ汁に入れ発酵させると、米のとぎ汁を基質としてEMが培養され、他の微生物・酵素と協力して生態系を多様化させ、自然浄化能力を高めることにより、雑菌や悪臭の抑制や汚泥の分解を促進し、生態系の復元に役立ちます。

Q&A

  • EM研究機構からの重要なお知らせ
  • ウェルネスセンター&ホテル事業
  • お問い合わせ窓口
  • 文字を大きくするには?

この頁のトップへ