ホーム > Q&A > No.2  畜産(肥育牛/搾乳牛、養豚、養鶏等)- 基本編

Q&A

No.2  畜産(肥育牛/搾乳牛、養豚、養鶏等)- 基本編

畜産・畜産へのEMの基本的な使い方について教えてください。

 EMを畜産に活用することの基本的な考え方は、EMの飼料、飲料水への添加による家畜の腸内微生物を改善したり、畜舎へのEM撒布により悪臭を軽減させる等、EM施用により家畜が健全に成育できる環境整備を行います。その結果、家畜が健全に成育し、畜産物の品質向上、衛生と病気発生率減少によるコスト削減、畜産廃棄物の有効利用が可能となります。
 個々の家畜・病害などの症状へ対策や事例などについては、以下にお問い合わせください。

・財団法人 自然農法国際研究開発センター
〒413-0011 静岡県熱海市田原本町9-1  熱海第一ビル8階
TEL:0557(85) 2001  FAX:0557(85) 3156
e-mail:webmaster@infrc.or.jp
URL :http://www.infrc.or.jp/

Q&A

  • EM研究機構からの重要なお知らせ
  • ウェルネスセンター&ホテル事業
  • お問い合わせ窓口
  • 文字を大きくするには?

この頁のトップへ