ホーム > EMとは? > EM活用技術

EM活用技術

EM活用技術

EMは開発当初の土壌改良材というジャンルを超え、現在では農業、畜産、水産、水処理、リサイクル、土木建築、医療、等々様々な分野で活用が進んでいます。

 どの分野にも言える事ですが、従来の手法では、問題の解決にはは対症療法的な手段が中心でした。 植物に病害が発生するから農薬を撒き、動物が病気になるから抗生物質を与え、養殖池でヘドロが発生すると浚渫や池の破棄を行ってきました。総じて多くの地 域で環境が悪化し破壊され、悪循環が起こっています。
実は大半の場合、これらの原因には微生物が関与しています。目に見えない小さな世
界の生き物ですが、私たちのまわりのあらゆる所に存在しています。
微生物は、有機物がエサとなります。しかも、悪玉菌と呼ばれる微生物の多くは酸素を使って活動しており、有機物を酸化 (腐敗) させてしまいます。結果、ゴミや食べ物が腐敗するなど、分解・崩壊の方向に向かってしまうのです。

 反対に有機物を有用発酵させる力を持っているのがEMを構成する善玉菌の微生物たちです。
EMを活用すると、有機物が腐敗しないばかりか、発酵によって様々な抗酸化物質や養分が作られ、健全な環境を生み出し、植物や動物などに利用されやすい形になります。
その結果、農業では植物自体が健康に育つことで病害を克服して多収穫へ。畜産では動物が健康になり、臭気自体が発生しにくくなって環境改善へ。水産ではヘドロや病害が発生しないといった現象が起こるのです。
このようにEMを活用する事によって、多くの問題を根元的な部分で解決できます。
また、物を錆びさせない、腐らせない抗酸化の働きによって、様々な分野の産業をより高次元化する事が可能です。
微生物の世界をEMという資材を通して上手に扱い、あらゆる環境を良くし、問題解決していく手法をEM技術と呼び、現在その手法は建築や医療など様々な分野にも成果が広がっています。

農業利用

農業利用 食の安全が唱えられるようになり、農業はその技術体系を根幹から見直さなければいけない時期に入ったといえます。

 EMの開発者である比嘉照夫教授は、理想的な農業を次のように表現しています。

 「安定でかつ健康の維持増進に積極的な役割をもつ食べ物の生産であり、生産者、消費者ともどもに経済的、精神的なメリットがあることであり、さらには、環境を積極的に保全し、永続性があり、自己完結的かつ自己増殖的で、人口増大に対する食の責任を負えること・・・」

詳細を見る 主な事例

畜産利用

畜産利用 土壌改良剤として開発されたEMと畜産業との接点は、家畜糞尿の堆肥化です。EMを活用することで、堆肥化が促進されるだけでなく、糞尿の悪臭除去に著しい効果がありました。以来、畜舎の悪臭除去、家畜の健康管理などEMの活用範囲は広がり、すでに10年以上の使用実績が積み上がっています。

 また、家畜に対するEMの安全性は、研究機関を通じて実証されており、畜産分野での活用は、「家畜にEMを飲ます・食べさせる」ということが基本になっています。

詳細を見る 主な事例

水産利用

水産利用 日本では、EMを活用して豊かな海を取り戻そうというボランティア活動が多数展開され、水質の改善やヘドロの減少という効果にとどまらず、海草や魚貝類が甦り、水産業の振興へと成果が広がっています。

 水質汚染は生活排水が主な原因となっていますが、家庭から出る汚染物質の大部分はEMが利用可能な物質です。流れていく先でEMが腐敗菌より優先してくると、汚染物質は腐敗せず発酵され、他の微生物や生命がEMの作り出す物質を利用するようになります。

詳細を見る 主な事例

水処理利用

水処理利用 自然界における水の浄化には、必ず微生物が関与しています。人工的な汚水浄化でも、現在主流となっている活性汚泥法は微生物のはたらきを利用した技術です。

 我々は生活中で汚染を出し続けますが、この汚染が分解され浄化されてきたのは、微生物の営みがあったからです。

詳細を見る 主な事例

資源リサイクル利用

資源リサイクル利用 資源リサイクルの重要性は広く認知されるようになり、先進工業国においては、ゴミの分別収集が徹底されるとともに、リサイクルを前提とした工業製品の規格が次々と産み出されています。

 一方、地球規模の物質循環に目を向けると、有機物の有効利用の可能性をさらに模索していく必要があります。

詳細を見る 主な事例

土木建築利用

土木建築利用 近年「シックハウス症候群」という問題が提起され、最近は建築素材に対する一般の関心が高まってきています。塗料や新建材、接着剤の出す臭いを吸っていると、病気になるか、病人のようになってしまう現象です。かびやダニもその原因となります。

詳細を見る

予防医学

予防医学 「病気を自分で治す力を引き出す」、「病気にならない体をつくる」私たちEM研究機構の考え「健康」は、自然治癒力が基本です。
 そのためには、人を取り巻く土や水、空気、川など、衣食住に関する全ての環境を自然のカタチに近い健康な状態へ戻してゆくことが必要だと考えました。

詳細を見る

EMとは?

  • EMとは?
  • EMのメカニズム
  • EMを構成する菌群
  • EM活用技術
    • 農業利用
    • 畜産利用
    • 水産利用
    • 水処理利用
    • 資源リサイクル利用
    • 土木建築利用
    • 予防医学
  • EM商品紹介
  • EM研究機構からの重要なお知らせ
  • ウェルネスセンター&ホテル事業
  • お問い合わせ窓口
  • 文字を大きくするには?

この頁のトップへ