EM活用事例

大規模農場におけるEM活用

ブラジル
国名:
ブラジル
カテゴリー:
農業
タグ:
大規模, 低コスト
大規模農場におけるEM活用

EM活性液の活用

Agrosalgueiroグループは2014年からブラジルで、EMを使用して種や土壌、植物の処理や病気の管理を始めました。EMは、場面によって様々な活用方法があります。
 
種-種の処理時にEM活性液に漬ける
土壌-植付の際にあぜの溝に注入する、または土壌に散布する
植物-EMを植物に散布する
病気や害虫-農薬と混ぜて散布する.

非常に大きな農地を有しているため、EM活性液を大量に培養する必要があります。
タンク
タンク
プールで製造されたEM・1
プールで製造されたEM・1
EM・1とEM・5の培養タンク
EM・1とEM・5の培養タンク

種子処理

EMは植え付け前の種子処理に使用されています。 EM・1と殺菌剤を併用することで、殺菌剤の効果が向上したり、発芽が促進されたり、根の生育が良くなります。
左側の2本の苗はEM処理されています。
左側の2本の苗はEM処理されています。
左の4本の苗はEM処理されています。
左の4本の苗はEM処理されています。
植え付けマシーン
植え付けマシーン

土壌処理

EM・1は土壌本来の力を回復させ、良質な有機物を合成するだけでなく、土壌中の有用な微生物の生育に有用です。

また、EM・1を作物に直接利用することによって生育を調整します。さらに、農薬と併用すると、添着率が向上するので、殺菌剤や殺虫剤の施用を減らすことができ、労力と費用を削減することができます。

EM・1を2年以上使用している大豆畑では、線虫の被害が減ってきています。EMを使うことによって土壌中の有用な放線菌が増え、線虫を捕食することによって線虫が減っていると考えられます。
EMを併用した区では除草効果が向上しています。(除草剤40%削減)
EMを併用した区では除草効果が向上しています。(除草剤40%削減)
[EM使用前]
線虫の影響を受けた大豆畑
[EM使用前]
線虫の影響を受けた大豆畑
[EM使用後]
線虫の影響から回復した大豆畑
[EM使用後]
線虫の影響から回復した大豆畑
根粒菌がびっしり。
根粒菌がびっしり。

経済的

EM・1を20/haの割合で効果的に使用しているAgrosalgueiro農場は平均収量が4%増えました。

例えば、トウモロコシ畑では、EMを使っていないControl区の平均収量が2,820kg/haだったのに対し、EMを使った区は3,111kg/haと平均収量が10%増えました。また、小麦、キャノーラ畑では、
Control区は平均収量156sc/alqだったのに対し、EMを使った区は161sc/alqと3.2%平均収量が増えました。

平均収量が4%増加することによる経済効果は、haあたり55ドルの収入増です。

また、農薬の費用が削減され、化学物質の使用が減ったため、ha当たり39ドルのコストを削減することが出来ました。その結果、ha当たり94ドルの純利益を生み出すことができています。

環境と社会への影響

AgrosalgueiroグループはEM・1を2年以上使用した中で、良質の土壌、良質の有機物、良質な栄養素を得ることができたと報告しています。
また、EMを使用する事によって、コストが削減でき、安全な作物を育てる楽しみを感じています。
今後も、新たなチャレンジに向けてEMの活用を続けます。